記事一覧

Articles

現代のワークプレイスは内向的な人材に優しくない?

#

オフィスにフリーアドレスを採用する企業が増えつつあります。気軽に隣の人と会話ができ、コミュニケーションを深めることが容易で、多くの企業が採用し始めています。しかし、こうしたオフィスは外向的な性格の人材にとっては快適な環境といえそうですが、内向的な方にとっては性格上、受け入れにくいものです。企業で働く人材の中には内向的な人材も少な...

記事を読む

「働き方改革関連法」でサテライトオフィス需要が高まる

#

2019年4月1日より「働き方改革関連法」が順次施行されます。8つの労働法が一度に改正されますが、ワークプレイスに関する重要ポイントは「時間外労働の上限規制」といえそうです。労働時間を抑制することで生産性が落ち、業績が悪化する可能性があるからです。重要なのは労働時間あたりの生産性を高めることですが、組織体制を変更してもうまく機能...

記事を読む

米国で増え始めたペット同伴オフィスだが日本ではハードルが高い

#

GoogleやAmazon、Salesforce.comなど、米国の大手IT企業ではオフィスへのペット同伴を解禁しており、その取り組みは少しずつではありますが確実に定着しているそうですが、その目的は「従業員の福利厚生」とのこと。これもワークプレイスにおける「働き方改革」の一環といえそうですが、これが賃貸オフィスで実現するとなると...

記事を読む

働く女性がオフィスに求める3つ視点

#

結婚・出産等で家庭に落ち着いた女性の社会参画を促す取り組みが進められています。優秀な女性をいかに登用し、長期間働いてもらうためには、やはり快適に過ごせるワークプレイスは必要不可欠です。働く女性がワークプレイスに何を求めているのか考えてみました。

記事を読む

「働き方改革」を背景に東京でコワーキング急増

#

サービス・オフィスやコワーキング・スペース、サテライトオフィス等の外部貸しの共有オフィスを指す「フレキシブル・スペース」が東京でも急増しています。中でもAグレードオフィスを中心に急激に施設数を伸ばしているのがコワーキング。背景には「働き方改革」を推進する法人企業のニーズ拡大があるようです。世界を席巻する海外オペレーターのみならず...

記事を読む

米国では人事部と不動産部の部門融合が進んでいる

#

日本の一般事業会社で不動産戦略を担うのは総務部が中心。対して、米国では人事部と不動産部門の融合が進んでいるといいます。例えば、グーグルやフェイスブックは優秀な人財確保のために人事部がワークプレイス戦略に大きく関わっており、こうしたハイブリッド部門が10年以内で一般化するといわれているそうです。

記事を読む

移転を円滑に進めるプロジェクトマネジメント

#

「働き方改革」の本丸はワークプレイス改革と何度も繰り返してきました。実際にワークプレイス改革に乗り出そうとお考えの方もいるのではないでしょうか。しかし、決められた予算内に収め、なおかつ賃貸借契約期間内(スケジュール通り)に移転工事などを進めるのは実はかなり難しいので注意が必要です。そうした中、賢い移転プロジェクトの鍵を握るのが「...

記事を読む

「働き方改革=生産性向上」を理解する鍵は「ROIC」にあり

#

「働き方改革」の本来の目的は「生産性向上」です。これを実現するためには小手先の取り組みでは埒が明きません。「稼ぐ場」として機能するワークプレイスの質を高め、働きやすさを追求していく必要があります。この図式を理解する鍵は「ROIC(投下資本利益率)」になります。全体のオフィスコストを見直し、余剰スペースを圧縮することで削減できたコ...

記事を読む

物流施設でも「働き方改革」進行中

#

「働き方改革」は何もオフィスだけに留まりません。最新鋭の物流施設では従業員の働きやすさを追究するべく料飲施設や保育園など、様々な付帯施設を整備しています。背景にあるのは労働力の確保に他なりません。郊外にある物流施設は同じく郊外型の商業施設と激しい人材獲得競争を繰り広げているためです。郊外にポツンと建つ物流施設の周囲には何もありま...

記事を読む

従業員の意識を変える「チェンジマネジメント」の重要性

#

ワークプレイス改革を実施することで「働き方」は劇的に変わりましたが、大きな変化についてこられない従業員も少なくありません。彼らの心理的な拒絶感を払拭することも大きな課題となります。従業員の関心をワークプレイスに傾けるために、JLLが重視しているのは「チェンジマネジメント」と呼ばれるアプローチです。ワークプレイス改革の意義、本質を...

記事を読む

1 2 3

コンテンツTOPへ