Human Experience

公開日:2018.08.07

マクドナルド流「ワークプレイス改革」

JLLが手掛けた2年半に及んだオフィスリノベーションの全貌

2018年5月、東京都新宿区に位置する日本マクドナルド本社オフィスのリノベーションプロジェクトが完了しました。オフィス総工事面積は約5,800㎡。JLLはコンサルティング、トランザクション、ワークプレイス戦略、プロジェクトマネジメントの専門家を結集し、約2年半に及び今回のプロジェクトを支援してきました。

「ナショナルレストランサポート」をビジョンに掲げ、レストランの現場のパフォーマンスを最大限引き出すための新たなオフィス環境の実現を目指しました。国内に存在する約3,000店舗のお客様へ最善のサービスを提供するために、どのようにオフィスを進化させるべきか、長期のプロジェクト期間、マクドナルドとJLLは様々な議論を重ね、マスタープランを策定し、リノベーションを進めていきました。完成したオフィスを語る上で外せないキーワードは「近代的なデザイン」と「働きやすさの追求」、マクドナルドのブランドを体現し、なおかつ生産性を向上させるための様々な「仕掛け」が施されています。

同プロジェクトを推進した日本マクドナルドホールディングス 取締役 執行役員 宮下建治氏とJLL日本 ナショナルディレクター ジョン・クックのインタビューを通じて、マクドナルド流「働き方改革」の全貌が下記ビデオでご覧いただけます。

人気コラム

#

日本では、タウンホール・ミーティングから廊下での立ち話まで、オフィスのあらゆるところで「ワークプ...

記事を読む

#

「未来のワークプレイス」とは、単に新しいオフィスを建設することを意味しているのではありません。継...

記事を読む

#

効率的かつ生産性向上に寄与するワークプレイスをいかに作り出すか。その第一歩となるのがオフィスの利...

記事を読む

#

変化することは難しいことです。スタッフの習慣や職場のルールが、職場の社会秩序に大きな圧力となって...

記事を読む

コンテンツTOPへ