記事一覧

Articles

大量供給時代の東京オフィス市場、移転のタイミングは?

#

現在の東京Aグレードオフィス市場は大量供給が続いているにもかかわらず、空室率は1%を下回り、空前の活況を呈している。オーナー優位の環境下にあってオフィス移転を検討する際に重視すべきポイントとは何か。

記事を読む

ワークプレイス戦略における日本企業の7つの特性

#

働き方の変化が企業の不動産戦略に与える影響を分析したJLLのレポート「Future of Work」から、ワークプレイス戦略に対する日本企業の7つの特徴が浮き彫りになった。現段階では保守的な考えが見られるものの、多くの日本企業はワークプレイス戦略の必要性を前向きに捉えており、その傾向は前回2015年の調査と比較しても明らかだ。

記事を読む

五反田が渋谷に代わる「ITベンチャーの聖地」へ

#

東京・五反田エリアが今、ITベンチャーの集積地としてにわかに注目を集めている。2018年7月、五反田に本社を置くITベンチャー6社によって一般社団法人「五反田バレー」が設立され、品川区との連携協定を締結した。現在正会員は約30社(2019年7月時点)。企業集積を進めることで五反田地域の課題解決に向けて協働するとともに、地域のブラ...

記事を読む

高度なワークプレイス戦略を実現した「Future Fit企業」とは?

#

優秀な人材を確保しつつ、生産性向上を実現する。今ワークプレイス改革に取り組む日本企業は少なくないが、グローバルレベルでみるとその取り組みは遅れているようだ。JLLの調査によって、ワークプレイス改革を念頭に高度なCRE戦略を実行している「Futue Fit企業」は日本において圧倒的に少ないという課題が浮き彫りになった。

記事を読む

オフィス家具が人財を惹きつける

#

仕掛けのある奇抜なものから純粋に機能的なものまで、今日のオフィス家具は実に多種多様だ。企業がどんな家具のデザインを選択するかでオフィスの雰囲気や従業員の生産性が変わるだけでなく、企業ブランドの視覚的な印象をも左右する時代が到来している。

記事を読む

フレキシブルなワークスペースが「孤独」を解消する

#

世界的に広がる「働き方改革」。働く場所を自由に選択できるようになり、テレワークをはじめ、旅行先でも仕事ができる「ワーケーション」等にも注目が集まっている。テクノロジーの発展によってこれまで以上に遠隔勤務を容易に行えるようになったのは朗報だが、コンピューター・ネットワークを使った共同作業への依存度が高くなるにつれ、現代のオフィスに...

記事を読む

世界各地で広がるホテルとコワーキングの融合

#

世界各地で広がりを見せるコワーキングスペース人気を受けて、ホテル業界もコワーキング市場参入へ舵を切り始めている。グローバルレベルで働き方の多様化・流動化が見直される中、柔軟な働き方に適応しようと模索しているのはオフィスだけではないようだ。

記事を読む

ジェンダーバランス改善に繋がる女性中心の共有オフィスが増加

#

コワーキングの人気が世界で高まり続けている。しかし、利用者の性別という観点から見ると、コワーキングスペースは必ずしもバランスが良いとはいえない。こうした状況を受けて、欧米の主要都市で台頭しつつあるのが、女性やノンバイナリー(男性、女性に限定しない「第三の性」)の人々のみを対象としたコワーキングスペースだ。

記事を読む

賃貸マーケットで存在感を高める「進化形」中小ビル

#

Aグレードオフィスに比べてスペックに劣ると考えられてきた、Bグレードオフィスを含む「中小ビル」の進化が著しい。大手デベロッパーが展開する中規模ブランドビルをはじめ、築年を感じさせないリニューアルオフィスなど、人材獲得や企業イメージの向上といったテナントニーズを満たす仕掛けづくりで人気を博している。

記事を読む

働き方改革関連法がワークプレイスを見直す機会に

#

4月1日から施行された「働き方改革関連法」。8つの労働法が一度に改正され、これまで以上に働きやすい環境を整備するように企業へ求める内容だ。中でも時間外労働の罰則付き上限規制がなされた点は喫緊の課題となるが、この改正を機に抜本的なワークプレイス改革が求められそうだ。

記事を読む

1 2 3 4

コンテンツTOPへ